住宅ローンアドバイザー,相談
(画像=(写真=PIXTA))

Q. 繰上げ返済を考えていて、返済方法が2つあると聞いたけど… 注意点などはある?

A 繰上げ返済をご希望の皆様に確認させていただいているのですが、手元資金にはどれくらい余裕がございますか。あまり余裕がない場合は、今後いつ何が起こるかわかりませんので、残しておかれるほうがよいかもしれません。余裕がある場合は、利息軽減効果が高い「期間短縮型」がお勧めです。

繰上げ返済(償還)の相談対応は、お客様の手元資金の様子をよく確認してから行うようにしましょう。

繰上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型という2つの種類があります。まず、期間短縮型の特徴としては、次のことが挙げられます。

  • 毎月の返済金額は同じ
  • 返済期間が短くなる
  • 返済期間が短くなるため、利息軽減効果が高い

一方、返済額軽減型の特徴としては、次のことが挙げられます。

  • 毎月の返済額が減額される
  • 返済期間は同じ
  • 返済期間短縮型より、利息軽減効果は低い

このことから、現在の返済資金に余裕があれば期間短縮型、余裕がない人は返済額軽減型│を勧めるインターネット上の記事・雑誌等をよく見かけます。しかし、本当にそうでしょうか。

資金に余裕がない人から希望を伝えられたら…