帝国データバンク
(画像=PIXTA)

「営業店での感染症対策【1】感染症の罹患者発生を想定していないと思わぬ混乱を招きかねないと心得よう」のような事態に至らないように&至ってしまったときのために…

2. 店舗としてはこのような態勢&準備を整えておこう

本稿執筆時点(2021年11月)の現状においてはいわゆる第5波が収束したとみなされ、金融機関における営業店でのコロナ罹患事案も、全国的には少数にとどまっているようです。

しかし感染者数が激減したといっても、コロナがなくなったわけではありません。また再び、いつ突然発生するかわからないわけです。そのための対応をおろそかにしていると、突然の発生に戸惑ってしまい、営業店業務に支障を来すばかりか、お客様対応におけるトラブルなどにもつながりかねません。

今のうちに「感染者数が増大していた時期に検討し、実際に有効であった対応」について再検証し、今後想定されている第6波・新株の脅威等に備えることが重要だと考えられます。

出退勤・引継ぎ等の面含めマニュアルを再確認・再周知