男性,経営者
(画像=PIXTA)

「いつも面談時間が長引く」「アポがうまく取れない」など、訪問活動におけるロスを解消するテクニックを紹介する。

近代セールス
(画像=近代セールス)

1 効率的な訪問活動のためにまずは訪問計画を作ろう

成果は行動の積み重ね次第だが、場当たり的に動くだけでは積み上がらない。それではいくら時間があっても足りないし、労務管理が厳しくなっている現代では評価されないだろう。

担当者が営業活動に使える時間はせいぜい1日に6時間程度だ。しかもそのすべてを取引先との面談に使えるわけではない。移動時間や、面談の際にはスムーズな商談を行うための導入トークも必要になる。つまり、場当たり訪問で貴重な時間を消費するような余裕はないのだ。

目標を標準化し予定に落とし込もう