オンライン会議
(画像=PIXTA)

滝廉太郎が幼少期を過ごし、名曲「荒城の月」の舞台となったことで有名な大分県竹田市。標高1000メートルを超える山岳に囲まれた自然豊かな土地で、長年観光客に親しまれている。一方で、年商20億円を超える土木建築業が集まるなど経済面でも県内有数の規模を誇る。

こうした中核企業を担当するのが、大分銀行竹田支店の赤崎悠さんだ。比較的事業規模が大きな企業との取引が多い竹田支店。赤崎さんは、支店長代理として、規模が大きい取引先を担当するほか、営業店の目標数字管理・後輩サポートなどを行う、竹田支店のエースともいえる存在だ。

赤崎悠
赤崎悠(あかざき・ゆう)
2010年入行。福沢通支店、 坂ノ市支店を経て、現職。大切にしている言葉は「感動をシェアしたい」

お客様が業務に集中できるよう意識