今回のお悩み
私が指導役をしている後輩は、指導が不要なほど仕事ができます。同僚にも頼りにされていて、正直、先輩の私よりも仕事ができます。私は先輩としてどう動けばよいでしょうか…。

すでに指導が不要なほどで周りに頼りにされているうえに、先輩のあなたよりも仕事ができるとは、本連載もクライマックスが近づき、後輩もずいぶん成長してきたようですね。

どんなときにそう感じますか。例えば、「後輩に教えた仕事を自分のときよりも迅速にこなしていく」「新人の頃に自分がしたようなミスをしない」「周りの同僚が自分ではなく後輩に仕事を頼む」「問題があったときに、指導役のあなたに聞かなくても自分で考えて解決できるようになった」などでしょうか。それはどれも誇るべきことで、少なからずあなたの指導の賜物といえます。「自分よりも仕事ができる…」と比べる必要はありません。

ではどのように動くべきかですが、できる後輩には仕事をどんどん任せて、あなたは新しい課題にチャレンジしてはいかがでしょうか。

できる仕事は後輩に任せ空き時間を活用しよう