不動産投資,東京オリンピック
(画像=PIXTA)

Q エリアの特徴を捉えてどのようにアプローチすればよい?

近代セールス
(画像=近代セールス)

このエリアは昔から代々住み続けているお客様が多い。一人暮らしの高齢者層のほか二世帯同居のお客様も多いため、訪問に際しては20〜50代の働き盛りの子ども世代から、親世代の高齢者までを意識した、幅広い情報提供が必要だ。以下では高齢者世代とその子ども世代へのアプローチを解説していく。

高齢のお客様の根底にあるニーズを把握