見通し
(画像=PIXTA)

売り手事業者からインボイスを受け取る買い手事業者はどのように対応すればよいのか、主な疑問点を解説する。

【買い手の相談1】売り手事業者が登録事業者かどうかはどのように確認すればよいの?

インボイス制度が導入されると、買い手事業者は、適格請求書発行事業者である売り手事業者からインボイスを受け取って保存しなければ、納付する消費税額が増えてしまう。

売り手事業者が適格請求書発行事業者か否かを知るには、国税庁の「適格請求書発行事業者公表サイト」で無料で確認できる。検索する際は、事業者名ではなくインボイスの「登録番号」を入力するという仕組みだ。

登録番号が分からなくても問題はない。法人に付与される登録番号は「T+数字13桁の法人番号」なので、取引先の法人番号が分かれば検索できる。法人番号は国税庁の「法人番号公表サイト」で調べることが可能だ。

適格請求書発行事業者公表サイトでは、①適格請求書発行事業者の氏名または名称、②法人(人格のない社団等を除く)の場合は本店または主たる事務所の所在地、③登録番号、④登録年月日などを確認できる。

ただし、個人事業主の登録番号はこのサイトでは分からない。先方に聞きにくいケースもあるだろうが、制度開始の23年10月までに確認を取る必要がある。取引先に対して「適格事業者であるかどうかの確認状」を送付して書面で受け取るなど、Tで始まる登録番号を確認すればよい。

近代セールス
(画像=近代セールス)

受け取ったときにも確認が必要