定年前後のお客様の運用相談に強くなる【2】
(画像=タカス/PIXTA)

ここでは、定年前後のお客様を、運用経験がある方、ない方に分け、それぞれが抱える資産運用の悩み.疑問にどうこたえていけばいいかをみていく。

投資.運用の経験がないお客様の悩み&疑問❶

退職金をもらっても、いずれお金が底をついてしまうのではと不安。運用で不安は解消できる?

Q&Aで学ぶ 定年前後のお客様の資産運用に関する悩み.疑問にはこうこたえよう【1】
(画像=ファイナンシャル.アドバイザー)

こんなトークでこたえよう

まずは退職金を含めて、公的年金が支給される65歳時点で金融資産がどのくらいあるのか、考えてみてください。資産が3000万円で、公的年金だけでは不足する老後生活資金の額が月10万円程度であれば、貯蓄が底をつくのは25年後の90歳なので、運用しなくても賄える可能性があります。 

ただ資産が2000万円程度の場合には、16年8ヵ月後、81歳8ヵ月時点でお金に先立たれてしまう計算になります。 

こうした点がご不安であれば、リスクをおさえた運用で、お金の寿命を延ばしていくこともご検討されませんか? 

2000万円を年利3%で運用できたら、88歳2ヵ月まで、年利5%なら100歳11ヵ月までお金が底をつくことはなくなります。どのように運用するかもお伝えしますので、ぜひご検討ください。

解 説