定年前後のお客様の運用相談に強くなる【5】
(画像=CORA/PIXTA)

投資・運用の経験がないお客様の悩み&疑問❼

アクティブ型より手数料が安いインデックス型を選ぶほうがよいと聞いたのだがどうなの?

Q&Aで学ぶ 定年前後のお客様の資産運用に関する悩み・疑問にはこうこたえよう【4】
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

こんなトークでこたえよう

手数料コストだけをみれば、アクティブ型よりもインデックス型のほうが安くなります。そうした理由からインデックス型を選ばれる方も少なくありません。 

ただ、いくらコストが安くても、運用成果があがらなければ投資する意味はありません。ですから、まずは過去の運用成果をしっかりとご確認いただくことをお勧めします。 

手数料が多少高くても、実績がある商品のほうが、成果を見込める可能性は高いと言えるのではないでしょうか。 

ただし、通信、環境などその時々のテーマに沿って投資するアクティブ型投信の場合、時期によりインデックス型投信よりも運用成果が良い場合がありますが、それが中長期的に続くかどうかはわかりません。運用成果をご確認の際には、こうした時期や状況についてもご確認いただき、商品選びを行ってください。 

また、中長期的に投資を行うにあたり、経済成長の見通しを考えることもポイントです。投資先のマーケットが今後成長が期待できるかを検討し、仮に成長が難しそうならインデックス型で成果をあげるのは厳しいかもしれません。その場合は成長企業を選定して投資するアクティブ型を選ぶほうが成果につながるかもしれません。 

コストに加え、こうした点についても商品選びの指標としていただければと思います。

解 説