株式投資,疑問
(画像=PIXTA)

金融機関のシステムに関し、営業店担当者として身につけたい概要をQ&Aで解説します。

Q1. 金融機関におけるシステムって? 経営・業務のどんな分野で使われている?

A 金融機関の経営・業務において、「システム」はとても重要なものです。複雑化していく外部環境や法規制、または効率の求められるオペレーションに対応するために、もはや「システムなしでは金融機関は成り立たない」といっても過言ではないでしょう。

以下、金融機関においてはどんなシステムが存在しているか大枠をみていきましょう(ここでは「システム」という言葉を「コンピュータを使った情報処理機構」のこととして用いている)︒

まずは「勘定系」システムです。勘定系システムは金融機関固有の3大主要業務(預金・為替・貸付)を処理するシステムです。預金口座や融資残高、それに対する利息計算など、金融機関の「勘定処理」と呼ばれる処理を実行するシステムで、まさに金融機関にとっての屋台骨です。「基幹系」と呼ばれることもあります。

融資審査や営業店事務でもシステムが動いている