資産運用
(画像=syda-productions/stock.adobe.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

本連載の最終回となる今回取り上げるのは、建設業の中の住宅建設会社です。

コロナ下で、移動したり大人数で集まったりすることが難しくなり、会社から離れた場所で働くリモートワークが広がるとともに、自宅で家族と過ごす時間が長くなりました。

このような状況が続いているため、「自宅で仕事と生活を両立できる環境を整えたい」といったニーズが高まっています。また家づくりに関する情報を収集する時間をとれるようになった結果、マイホームの取得に向けて動き出す人が増えました。そのため、住宅市場は堅調に推移しており、住宅建設会社は、コロナ下で新たな商機を見出した業種といえます。

決算書の確認に進む前に、まずは住宅建設会社がどのような事業を営んでいるかを確認していきましょう。

住宅建設会社は、主に戸建て住宅の建築を行いますが、取引形態には「受注生産方式」と「分譲方式」の2つがあります。

受注生産方式は、主に顧客が用意した土地に住宅を建築する方法で、住宅建設会社の一定の規格に従って「規格住宅」を建てる場合と、顧客の要望に従ってオーダーメイドの「注文住宅」を建てる場合があります。分譲方式は、住宅建設会社が仕入れた土地に住宅を建築し、分譲住宅や建売住宅として販売します。