PDCAサイクル
(画像=marchmeena/PIXTA)

富山銀行金沢営業部コンサルティングプラザは、富山銀行が唯一富山県外に構える営業店だ。当初は金沢事務所だったが、法人コンサルティングに特化した営業店として2016年に営業部に昇格した。

営業エリアは金沢市を中心とする石川県全域で、ものづくりの街である富山県とは異なり、金沢市は観光業等のサービス業が多い地域である。

そんな金沢市において、金沢営業部は特にクイックレスポンスを重視する。毎朝のミーティングでは各担当者が取引先からヒアリングしてきたニーズや経営課題等を共有し、営業店全体でスピーディーに案件を取り上げられるよう、日々活動をしている。

「こうした取組みのかいもあり、お客様の間で『富山銀行さんの対応は素早いね』という声をよく聞くようになってきたと思います」と話すのは、金沢営業部に所属する松井健弥さんだ。

スピード感だけでなく「お客様の役に立つこと」を重んじ、新規開拓活動を中心に優秀な成績を残す松井さんの活動を紹介しよう。

松井健弥
松井健弥さん(まつい・けんや)
2008年入行。本店営業部、新湊支店、小杉支店を経て現職。大切にしている言葉は「一期一会」

目先の収益よりもお客様に資する活動を