ステップ
(画像=PIXTA)
近代セールス
(画像=近代セールス)

Q 1年間、OJT担当者として後輩をサポートしてきましたが、後輩は成長できたのか、私の指導は役立ったのか不安です。指導の成果をどのように検証すればよいですか?

A OJT担当者として真摯(しんし)に後輩と向き合い過ごした1年間は、相談者の今後のキャリアにとって非常に有意義になったと思う。人に教え、伝え、やってもらうことの大変さが、垣間見られたのではないだろうか。

筆者は、残念ながらメッセージは10%も伝わらないと思っている。このことを理解していれば、OJT担当者自身も上司の言葉をきちんと受け止めようと思えるし、自分の言葉を正しく理解してくれる部下を重宝する上司の気持ちにも気付くことができよう。

自分・後輩・上司という三方向からレビュー