疑問
(画像=PIXTA)

民間保険を提案する際に理解しておきたい「公的保険」について、その種類や説明ポイントを紹介する

Q 金融庁は保険提案にあたって「公的保険」についてお客様に案内するよう促しています。それはなぜですか。お客様にはどんな説明を行えばよいですか

A 2021年(令和3年)12月、金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」(以下、監督指針)を改正した。この改正の狙いについて、金融庁のホームページでは図表のとおり説明されている。

そもそも監督指針とは、金融庁が保険会社を監督する際の指針である。保険代理店や保険募集人は、監督指針を踏まえて募集活動を行っているか、保険会社はその実現のために教育・指導・態勢整備を行っているか――ということが問われるわけだ。この監督指針に改正があったということを、金融機関の担当者もしっかり理解しておかなければならない。

監督指針改正の目的・意図
公的保険を補完する民間保険の趣旨に鑑み、保険募集人等が公的保険制度について適切に理解をし、そのうえで、顧客に対して、公的保険制度等に関する適切な情報提供を行うことによって、顧客が自らの抱えるリスクやそれに応じた保障の必要性を理解したうえでその意向に沿って保険契約の締結がなされることが図られているかという点などを監督上の着眼点として明確化するものです
(出所)金融庁

万一のときに備えて自助努力が必要に