国民年金, 公的年金
(画像=takasu/stock.adobe.com)

複雑化する公的年金をできるだけわかりやすく「伝える」ための必須知識を、そのための工夫・実際に使えるトーク例などと合わせて解説します。

担当者の悩み
自営業の方から、年金受給額が少ないことへの不安を聞いた。どう解決すればいい?

これまで紹介してきたように、企業の従業員や公務員といった被用者は、国民年金と厚生年金の2つの公的年金制度に加入しています。これに対し、自営業者の場合には、国民年金にのみ加入しているので、保険料負担は少なくなりますが、将来の年金受給額も少なくなります。 

国民年金制度から受給する年金額は、満額でも年間80万円程度で、夫婦でも160万円程度ですから、これだけでは心許ないと思う人が多いと考えられます。そのため、自営業の人に対しては、公的年金を補完するような制度についての情報提供をまず心がけるべきであると思われます。 

公的年金制度の中で年金額を増やす方法を紹介