戦略
(画像=metamorworks/stock.adobe.com)

Q 担当エリアに製造業が多いため補助金の活用を促して取引拡大につなげたいと思います。ただ補助金は改正が多く最新情報をうまくつかめません。どう情報収集すればよいですか。

A 経済産業局や自治体の商工課・産業政策課といった部署、外郭団体の職員に相談をもちかけ、パイプをもちましょう。彼らと人脈を作れば、補助金の有効な情報を得られやすくなります。

皆さんは「補助金の検索は難しい」と感じることがないだろうか。確かに補助金は多くの省庁が取り扱っており県や市区町村の補助金も含めると多数にのぼる。すべて把握することは不可能だろう。取引先に適した補助金をピンポイントで探し当てることは、行政経験者でも難しいといわれている。

「J-Net21」や「ミラサポ」などの補助金検索サイトもあるが、その検索で行きついた補助金の内容を理解することも簡単ではない。

また、ほとんどの補助金が時代背景に適応した形で設定されるため、毎年同じ補助金が出るとは限らない点も、検索で調べるのが難しい理由だ。同じ名前で出された補助金でも条件が変わっていることが多く、1つひとつを理解する知見がないと、取引先に適しているのか判断することが難しいのである。

近代セールス
(画像=近代セールス)

補助金情報をもつ公的機関に相談を