日経225先物は、日経平均株価を投資対象とする株価指数先物だ。レバレッジをかけられ、少ない資金で大きな取引ができるため、積極的な運用手段の1つとして検討する人も増えている。日経225先物取引はハイリスク・ハイリターンな先物取引の投資方法であるため、取引の仕組みやメリットデメリットをしっかりと確認し、無理のない金額からスタートしよう。

目次

  1. 日経225先物とは? 基本事項を確認
  2. 株価指数先物取引の特徴
  3. 日経225先物に投資するメリット
  4. 日経225先物に投資するデメリット
  5. 日経225に投資する3つの方法
  6. 日経225先物へ投資するなら証券会社で口座開設をしよう
  7. まとめ:リスク・リターンをしっかりと確認し日経225先物取引にチャレンジしよう

日経225先物とは? 基本事項を確認

日経225の先物取引とは? 特徴やメリットデメリット、始め方まで徹底解説
(画像=tokyovisionaryroom/stock.adobe.com)

日経225先物とは、日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物である。ここではまず、株価指数先物と日経225の基本事項を確認しよう。

日経225先物は日経平均株価を対象とした株価指数先物取引

株価指数先物は、TOPIXやアメリカのNYダウ、NASDAQなどさまざまな指数を投資対象とする。なかでも日経225は、日経平均先物の別称で、日本企業で構成された代表的な国内株価指数のため、指数先物取引をはじめて行う人でも、比較的始めやすい商品だといえる。

日経225とは

日経225とは、東京証券取引所のプライム市場に上場している約2,000企業から選出された225銘柄の株価を基に算出される株価指数だ。日経平均株価とも呼ばれ、日本を代表する株式指数として経済の動向を測る多くの場面で利用されている。

225銘柄は、流動性とセクターのバランスを重視し、原則として年1回、10月のはじめに見直しと入れ替えが行われる。市場の状況を反映し、安定した取引が見込まれる幅広い業種の企業で構成されている点が、日経225の大きな特徴といえるだろう。

先物取引とは? 基本事項と税金について確認

日経225先物のような指数先物は、株式投資などのような現物取引と異なり、取引時に実際に商品の売買が行われることはない。

また先物取引は、取引時の価格で売買が行われる現物株式投資とは異なり、「将来の前もって決められた期日に、前もって決められた価格で売買」する投資方法だ。そのため、決済方法や取引できる期間などの仕組みが一般的な現物株取引とは異なる。

日経225先物取引で失敗しないためには、取引の仕組みや特徴についてしっかりと確認しておくことが重要だろう。

・先物取引の利益には20%課税。損益通算には要注意
先物取引では、利益に20%(2037年までは復興特別所得税がかかるため20.315%)の税金がかかる。ここで気をつけたいのは、先物は特定口座での取引ができない点だ。

特定口座とは、原則として投資で得た利益が源泉徴収されるため、確定申告をすることなく納税が完結する証券口座の1つである。特定口座の対象外となる先物取引で得た利益にかかる税金は、投資家自身が確定申告によって納税する必要がある。

また先物取引は、現物株や投資信託との損益通算ができない点にも気をつけたい。

損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺することで納税額を抑えられる制度である。しかし相殺できる取引の組み合わせには条件があり、先物取引と損益通算できるのは、国内オプション取引およびFX(取引所取引、店頭デリバティブ取引)などと決まっている。

複数の資産や商品に投資を行っている場合は、損益通算ができる組み合わせをあらかじめ把握しておこう。

株価指数先物取引の特徴

先述のとおり、株価指数先物取引の仕組みや特徴は、現物株取引とは異なる。スムーズに運用を進めるには、先物取引の特徴である5つのポイントを押さえておこう。

株価指数先物取引の特徴1:決済方法が異なる

▽先物取引の概要

株価指数先物取引の1つめの特徴は、差金決済が行われる点だ。差金決済とは、売却金額と買付金額との差額の授受により決済することをいう。

▽差金決済

反対売買によって確定した損益額(差金)のみを授受する決済方法です。
株価指数先物取引では、現物株が存在しないため先物の当初の取引成立値段とその後反対売買した際の相場との価格差で決済します。

引用:JPX | 差金決済

たとえば、1,000円で買いの先物取引を行ったとする。期日に価格が1,200円に上昇した場合、利益となる200円の受け渡しにより決済は完結する。同様に、損失が出た場合も損失額の支払いだけで売買が終わるのだ。このように、決済時に商品や代金の受け渡しが行われないのが、先物取引の大きな特徴だといえる。

株価指数先物取引の特徴2:「売り」から取引をスタートできる

もう1つの大きな特徴が、「売り」と「買い」のどちらからでも取引をスタートできる点だ。取引時に株式と代金の受け渡しを行う現物取引では、「買い」からしかスタートできない。

一方、指数を投資対象とする株価指数先物取引は取引時に商品と代金の受け渡しが行われないため、買いと売りのどちらからでも取引をスタートできる仕組みとなっている。

株価指数先物取引の特徴3:取引できる期間(限月)がある

取引できる期間(限月:げんげつ)が定められているのも、先物取引の特徴である。限月とは、契約の期限が満了する月のことだ。保有期限がなく投資家の好きなタイミングで売買ができる現物株取引とは、その点が大きく異なる。

▽限月

先物・オプション取引は取引できる期限毎に商品が分かれており、取引できる期限の月を「限月」といいます。

引用:JPX日本証券取引所 | 限月

日経225先物では3、6、9、12月が限月で、満期日にはSQ(Special Quotation:特別清算指数)により清算される。なお、先物取引では満期日まで必ずしも契約を継続しなくてもよい。買いの場合は転売、売りの場合は買戻しをすることにより、満期日前に清算をして、先物取引の売買契約を解消することも可能だ。この売買契約を清算することを「ポジションを解消する」ともいうので、覚えておこう。

株価指数先物取引の特徴4:レバレッジをかけられる

レバレッジ取引ができるのも、先物取引の大きな特徴の1つだ。レバレッジ取引とは、証拠金を預け入れることで、その数倍の売買ができる投資方法である。

たとえば10万円を証拠金として投資をする場合、レバレッジ20倍なら200万円(10万円×20倍)まで取引ができる。てこ(レバレッジ)の原理のように、元手以上の大きな取引を実現できるのが、先物取引の面白さだといえるだろう。

株価指数先物取引の特徴5:取引時間が長い

先物取引は、現物株取引と比較して取引時間が長い。たとえば現物株の取引時間は、市場が開いている9時~15時(11時30分~12時30分を除く)だ。

対して日経225先物の場合は、8時45分~15時15分の日中立会に加え、16時30分~翌朝6時の夜間立会でも取引できる。日中の取引ができず資産運用を諦めていた人は、先物取引を選択肢として検討してみよう。

日経225先物に投資するメリット

ここからは日経225先物に投資するメリットおよびデメリットを解説する。まずは、3つのメリットを見ていこう。

日経225先物に投資するメリット1:日本を代表する企業に分散投資できる

日経225に投資することで分散投資効果を得られるのは大きなメリットだ。分散投資とは投資先を複数の銘柄やセクターに分け、値動きなどで資産が減るリスクを分散させることをいう。

もし、個別銘柄だけで分散投資を行うなら、投資家自身で複数の銘柄を購入しなければならない。購入する銘柄を1つひとつ調べ上げるのは時間がかかり、また複数の銘柄を1単元(100株)以上購入するにはまとまった資金が用意になる。

一方、日経225は日本を代表するさまざまな業種の225銘柄から構成されているため、日経225先物に投資するだけで分散投資の効果が期待できる。そのため、投資初心者でも比較的投資を始めやすい投資対象だといえるだろう。

日経225先物に投資するメリット2:利益を狙えるチャンスが多い

利益を狙えるチャンスが多いのも、日経225先物の魅力である。先述のとおり日経225先物は、売りと買いのどちらからでも取引をスタートできる。

買いスタートのみの現物株取引の場合、利益を狙えるのは価格の上昇が想定される局面に限られる。

一方売りからの投資もできる先物取引では、今後価格が下がるであろう局面でも利益を狙える。たとえば、ある期日に1,000円で「売る」という取引契約をしたとする。この場合、期日に価格が900円に値下がりすると、契約した取引価格である1,000円との差額である100円を利益として得られる。

取引の機会を増やしたいなら、日経225先物も検討するべき投資方法の1つとなるだろう。

日経225先物に投資するメリット3:手持ちの資金以上の投資ができる

レバレッジ取引により手持ちの資金以上の投資ができる点も、日経225先物のメリットだ。投資は、元手が大きいほど大きな利益が期待できる。たとえば、1万円の資産が10%値上がりしても、1,000円の利益しか得られない。しかし、同じ10%の利益だとしても投資額が100万円だった場合には、得られる利益は10万円に増える。

このようにある程度大きな利益を狙うには、まとまった額の元手が必要である。しかし状況によっては、投資資金の確保が難しい場合も少なくない。そのようなときは、レバレッジ取引を活用した投資も1つの選択肢となるだろう。

日経225先物に投資するデメリット

次に、日経225先物に投資するデメリットを3つ解説する。

日経225先物に投資するデメリット1:損失額が手持ちの資金を超える可能性がある

1つめのデメリットは、損失額が手持ちの資金を超える可能性がある点だ。日経225先物では、レバレッジをかけた取引ができる。そのため値動きによっては、想定外の大きな損失になる可能性には注意するべきだ。

たとえば、10万円の証拠金でレバレッジ10倍の100万円の取引をしていたとしよう。価格の変動により資産が70万円まで値下がりしたら、損失額は証拠金よりも多額の30万円なってしまう。

このように先物投資では、大きな利益を狙える一方で損失が証拠金以上の額に達する可能性がある点には十分注意するべきだろう。

大きな損失を防ぐためには値動きを小まめに確認し、運用状況を把握しておくことが重要だ。場合によっては、転売や買戻しなどにより早めにポジションを解消することも重要になる。

日経225先物に投資するデメリット2:追加で証拠金の差し入れを求められることがある

日経225先物を取引するなら、損失が大きくなった場合に追加で証拠金の差し入れが必要になるケースがあることも知っておこう。

先物取引では、保有している取引の維持に必要な「証拠金所要額」が定められている。そのため、損失の発生などにより口座内の保証金額が証拠金所要額を割り込んでしまうと、追加証拠金(追証:おいしょう)の差し入れが必要となる。差し入れには一定の期限があるため、取引を維持するには速やかな入金が必要だ。

▽証拠金所要額

「SPAN」という証拠金計算システムにより計算された「SPAN証拠金額」をいいます。さらにオプション取引のポジションも保有している場合はSPAN証拠金額からネット・オプション価値の総額を差し引いた額をいいます。

引用:JPX日本取引所所グループ | 証拠金所要額(しょうこきんしょようがく)

追加証拠金の差し入れを求められた場合にも慌てずに対応するには、ある程度の余裕資金を手元に残しておくことが重要になるだろう。

日経225先物に投資するデメリット3:運用成績によっては強制決済されるケースも

日経225先物で気をつけるべきもう1つのポイントは、強制決済だ。追加証拠金の差し入れを求められているにもかかわらず期日までに入金されなかった場合、現在保有している取引が強制決済される可能性がある。

強制決済されると、現在の運用状況に関わらず保有している先物契約が清算される。そうなると、含み損が損失として確定してしまう。強制決済を回避するには、普段から証拠金の管理をしっかりと行い、期限に余裕を持って入金できるかどうかがポイントになる。

日経225に投資する3つの方法

日経225に投資をするには、ここまで紹介した先物取引以外にもいくつかの方法がある。ここでは「先物取引」のほかに「CFD」「ETF」についても解説する。

日経225に投資する方法1: 先物取引

日経225を対象とした先物には、より大きな取引ができる「日経225先物(ラージ)」と、個人投資家でも取引しやすい「日経225mini」の2種類がある。それぞれの特徴を以下で確認しよう。

▽「日経225先物」と「日経225mini」の違い

日経225先物日経225mini
取引単位1,000倍100倍
1枚当たりの取引金額(一例)2,700万円270万円
レバレッジ約22倍約22倍
1枚当たりの証拠金額(一例)135万円13万5,000円
取扱手数料
(税込)
SBI証券275円38.5円
楽天証券275円38.5円
松井証券220円38.5円
auカブコム証券330円41.8円
限月3,6,9,12月(最長3ヵ月)
取引時間8時45分~15時15分/16時30分~翌朝6時
引用:GMOクリック証券「CFDと他の金融商品との比較」マネックス証券「5分で分かる先物取引(日経225ミニ)」、 および「SBI証券」「楽天証券」「松井証券」「auカブコム証券」の取引手数料に関するページをもとに編集部作成。2022年7月19日時点。

日経225先物の最低取引単位は日経平均価格の1,000倍だ。そのため、仮に日経225先物の価格が2万7,000円とすると、2,700万円が最低取引単位となる。実際は時期にもよるが約22倍のレバレッジ取引ができるため、約123万円(2,700万円÷22倍)の証拠金で投資をスタートできる。

日経225miniの最低取引単位は、価格の100倍である。日経225の価格が2万7,000円とすると、270万円が最低取引単位だ。22倍のレバレッジで取引を行う場合、取引に必要な証拠金額は約12万3,000円となる。投資の予算が少ない投資家や投資初心者は、日経225miniで少額から始めてみるとよいだろう。

日経225に投資する方法2:CFD(Contract For Difference:差金決済取引)

日経225へは、CFD(Contract For Difference:差金決済)を通じても投資可能だ。CFDとは、取引開始時と終了時の価格差により決済される金融商品のことだ。商品概要や特徴を以下で確認しよう。

なお日経225CFDの取引は、取引所CFDもしくは店頭CFDで行われる。ここでは、各株価指数提供会社から正式なライセンスを受けている取引所CFD「くりっく株365」で取り扱われている「日経225CFD」を例に見ていきたい。

▽日経225CFDの概要

日経225CFD
取引単位100倍
1枚当たりの取引金額(一例)270万円
レバレッジ20~60倍程度
1枚当たりの証拠金額(一例)9万5,000円程度
取扱手数料
(税込)
SBI証券156円
岡三証券156円
ひまわり証券147円
auカブコム証券156円
限月最長15ヵ月
取引時間8時30分~翌朝6時
引用:「くりっく株365 | 「くりっく株365」と「日経225mini」の違い」、 および「SBI証券」「岡三証券」 「ひまわり証券」 「auカブコム証券」 の手数料に関するページをもとに編集部作成。2022年7月19日時点

日経225CFDなら、先物取引より少額からの投資が可能だ。取引時間は先物取引よりさらに長く、ほとんど一日中取引が可能である。限月も最長15ヵ月と長く設定されているため、より柔軟な投資が可能だ。

日経225に投資する方法3:ETF(Exchange Traded Funds:上場投資信託)

日経225に投資するなら、日経225に連動した運用を行うETF(上場投資信託)を活用するのも選択肢になる。取引概要を以下で確認しよう。

▽日経225に連動するETFの取引概要

日経225連動のETF
取引単位商品による
1口当たりの取引金額商品による
レバレッジ商品による
取扱手数料
(税込※)
SBI証券・100万円まで無料
・100万円~200万円:1,238円
楽天証券・100万円まで無料
・100万円~200万円:2,200円
松井証券【25歳以下無料】
【26歳以上】
・50万円まで無料
・50万円~100万円:1,100円
・100万円~200万円:2,200円
マネックス証券・100万円まで:550円
・100万円~:約定金額300万円ごとに2,750円
auカブコム証券・100万円まで無料
・100万円~200万円:2,200円
限月なし
取引時間9時~15時(11時30分~12時30分を除く)
引用:「SBI証券」「楽天証券」 「松井証券」 「マネックス証券」 「auカブコム証券」の手数料に関するページ をもとに編集部作成。2022年7月19日時点。

ETFは、商品によって最小取引価格が異なる。たとえば、価格が2万5,000円で1口から投資できるETFなら、2万5,000円から投資が可能だ。

ETFは株式と同じように取引する商品のため、現物決済となる。そのため、レバレッジ取引や売りからの投資はできない。大きな取引を望むなら、通常のETFに比べて価格の変動幅が2倍になるレバレッジ型ETFを選ぶという方法がある。

また価格が下がるであろう局面なら、下落時に利益を得られるインバース型を利用し、売りからスタートしたのと同様の効果を目指そう。

あわせて読みたい>>>
レバレッジ型ETFとは? 金融庁も注意をうながす投資時のリスクを解説

日経225先物へ投資するなら証券会社で口座開設をしよう

日経225先物へ投資するなら、証券会社に証券総合口座を開設する必要がある。最後に証券会社を選ぶポイントと、開設手順を確認しよう。

口座開設で確認したい3つのポイント

口座を開設するにあたっては、まず取引する証券会社を決める必要がある。以下の3つのポイントを考慮し、投資スタイルに合った証券会社を選択しよう。

・口座開設で確認したいポイント1:希望する商品の取り扱いがあるか
証券会社を選ぶにはまず、希望する商品の取り扱いがあるか確認する必要がある。証券会社によって取扱商品ラインナップが異なるため、口座開設前に必ず確認しよう。

・口座開設で確認したいポイント2:取引手数料が高くないか
前項で紹介したとおり、投資する商品や証券会社によって取引手数料が異なる。手数料は投資においてコストとなるため、資産運用を成功させるには手数料をできるだけ抑えることが重要だ。投資する商品が決まったら、いくつかの証券会社で手数料を比較検討しよう。

・口座開設で確認したいポイント3:使い勝手が良いか
日経225先物のようなハイリスク・ハイリターンの商品に投資する場合、小まめに価格を確認し適切な売買を行っていくことも重要だ。そのためには、使い勝手が良い証券会社を選ぶことも重要になるだろう。

たとえば、すでに証券総合口座を持っており使い慣れた証券会社があるなら、そこで先物口座を開設し投資資産をまとめて管理するのも1つの手だろう。スマホやタブレットからの取引が多いなら、取引ツールとなるアプリの充実度も重要になる。先物取引に不安があるなら、電話窓口などサポート体制も確認したい。

先物取引には先物・オプション取引口座が必要

ETFなら、証券総合口座を開設すればすぐに投資をスタートできる。しかし、先物取引を行うには先物・オプション口座の開設が必要となる。証券会社のホームページから口座開設手続きを進めよう。

開設までの所要日数は証券会社によって異なる。即日開設できる場合もあれば数日かかるケースもあるため、スムーズに取引をスタートしたい場合は早めに手続きを進めておきたい。

CFDならCFD口座を開設

くりっく株365でCFD取引を行うなら、CFD口座も必要だ。取り扱いがある以下のいずれかの証券会社(くりっく株365取扱会社)でCFD口座を新たに開設し、証拠金の預託が完了すれば投資をスタートできるようになる。開設は即日で完了する場合もあるが、手続きの所要日数は証券会社により異なるため、事前に確認し、計画的に進めよう。

▽くりっく株365取扱会社一覧

・岩井コスモ証券
・AIゴールド証券
・SBI証券
・auカブコム証券
・岡三オンライン証券
・岡安商事株式会社
・KOYO証券
・日産証券
・ひまわり証券
・フジトミ証券
・マネースクエア
・豊トラスティ証券株式会社

引用:くりっく株365「くりっく株365取扱会社一覧」 をもとに編集部作成

まとめ:リスク・リターンをしっかりと確認し日経225先物取引にチャレンジしよう

日経225先物は、日経平均株価を投資対象とする株価指数先物取引だ。一般的な現物株取引より多くの投資チャンスがあり、少ない元手で大きな利益を狙える点が魅力だが、値動き次第では想定外の大きな損失が発生する可能性には注意が必要である。

日経225に投資するには、先物取引のほかCFDやETFを活用する方法もある。それぞれの特徴を確認し、まずは無理のない範囲の少額から投資にチャレンジしてみよう。