株式・金融市場

イーサリアムが買えるおすすめの海外取引所は?国内取引所からの送金方法や換金方法も紹介

イーサリアム 海外取引所
(画像=ZUU online編集部)

※海外取引所の取引における注意点
海外取引所は日本の金融庁に正式な暗号資産交換業として登録されておらず、日本でサービスを行うことは法律で禁止されています。日本国内での法律を遵守していないために発生するリスクは非常に大きく、被害も大きいものになります。
海外取引所に関しては当サイトは情報提供のみを行なっており、金融庁に登録を行っている国内取引所へのお申し込みや仮想通貨の取引を強く推奨します。
また金融庁の認可を受けている国内の暗号資産交換業者はこちらから確認できます。

イーサリアムはビットコインの次に時価総額の大きい仮想通貨です。国内取引所だけではなく、多くの海外取引所でも取り扱っています。

本記事では、イーサリアムの購入におすすめの海外取引所を紹介していきます。

この記事の概要
  • イーサリアムが買えるおすすめの海外取引所 >>
  • イーサリアム送金方法 >>
  • ビットコインからイーサリアムに換金する方法 >>

イーサリアムが買える海外取引所一覧

イーサリアムが買える取引所
  1. BINANCE(バイナンス)
  2. FTX(エフティーエックス)
  3. Coinbase(コインベース)
  4. Kraken(クラーケン)
  5. Kucoin(クーコイン)
  6. Gate.io(ゲートアイオー)
  7. Gemini(ジェミナイ)
  8. MEXC(エムイーエックスシー)
  9. BITTREX(ビットレックス)
  10. Bybit(バイビット)

イーサリアムが買えるおすすめの海外取引所を紹介

1. BINANCE(バイナンス)

BINANCE(バイナンス)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
600種類以上(公式サイトより)
取引高
(リサーチ時点、24時間)
2兆8,913億676万4,313円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.1%/Taker 0.1%(過去の取引量などによって変動)
イーサリアム送金手数料 ・BNB Smart Chain(BEP20) 0.000081ETH(約18.68円)
・Ethereum(ERC20)0.0012ETH(約276.83円)
・BNB Beacon Chain(BEP2) 0.000081ETH(約18.68円)
・Arbitrum One 0.0003ETH(約69.53円)
・Optimism 0.0003ETH(約69.53円)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
最大レバレッジ 100倍
日本語対応 あり(一部日本語対応なし)
主な特徴 ・世界でもっとも取扱高の多い海外取引所
・「Binance Earn」では、イーサリアムをはじめとしたさまざまな銘柄を運用できる
・「ETH 2.0 ステーキング」で、イーサリアムを最大年利5.2%で運用可能
公式HP https://www.binance.com/ja
※2022年7月29日現在

バイナンスは世界中にユーザーを抱える取引所で、日本人にも多く利用されています。

合計600種類以上の多くの仮想通貨を取り扱っており、「Binance Earn」で高配当の運用ができる、最大レバレッジ100倍のイーサリアムFX、NFTマーケットプレイスなど、ユーザーにとって魅力的なサービスを多く提供しています。

仮想通貨投資をしている人であれば、口座を開設しておいて損はない取引所といえるでしょう。

2. FTX(エフティーエックス)

FTX(エフティーエックス)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
285
取引高
(リサーチ時点、24時間)
4,074億7,690万1,087円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.02%/Taker 0.07%(Tier1の場合)
(2022年5月時点)
イーサリアム送金手数料 最大0.1%
(2022年7月23日時点)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
(2022年5月時点)
最大レバレッジ 20倍
(2022年5月時点)
日本語対応 一部あり
主な特徴 ・合計285種類の仮想通貨を取り扱っている
・取引手数料が安い
・イーサリアムのレバレッジ取引に対応
公式HP https://ftx.com/jp
※2022年7月29日現在

FTXは、バイナンスに次ぐ取引高のある取引所です。現在日本からは「FTX JP(Liquid by FTXから名前変更)」を利用することができます。

本家FTXの特徴は、仮想通貨285種類の取り扱いをしている点と、取引手数料が安くコストを抑えられる点です。また、イーサリアムFXでは、レバレッジをかけてリスクを取った取引を行うことができます。

\海外取引所へ送金するなら/

Coincheckで
口座開設をする

3. Coinbase(コインベース)

Coinbase(コインベース)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
209
取引高
(リサーチ時点、24時間)
3,704億4,975万7,782円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.4%/Taker 0.6%(過去の取引量によって変動)
イーサリアム送金手数料 不明
イーサリアムのレバレッジ取引 なし
最大レバレッジ 対応なし
日本語対応 一部あり
主な特徴 ・セキュリティーに強い取引所
・日本からは日本法人のCoinbaseのアカウント作成となる
・勉強しながら仮想通貨がもらえるサービス「Coinbase Earn」の取り扱い
公式HP https://www.coinbase.com/ja/
※2022年7月29日現在

Coinbaseは、合計209種類の仮想通貨を取り扱う取引所です。日本からは本家Coinbaseではなく、日本法人のアカウントを作成することになります。

Coinbaseは資産をコールドウォレットで保存、2段階認証の義務化などセキュリティー面に強いことが特徴です。ユーザーが安心して利用できることが、取引量の多さにも繋がっていると考えられます。

4. Kraken(クラーケン)

取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
197
取引高
(リサーチ時点、24時間)
1,063億5,801万836円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.16%/Taker 0.26%(過去の取引量によって変動)
イーサリアム送金手数料 0.0035ETH(約808.37円)
(2022年5月30日時点)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
(2022年5月30日時点)
最大レバレッジ 5倍
(2022年5月30日時点)
日本語対応 一部あり
主な特徴 ・取引手数料が安い
・日本からは「Kraken Japan」の登録となる
・イーサリアムFXを取り扱っている
公式HP https://www.kraken.com/ja-jp
※2022年7月29日現在

Krakenは、合計197種類の仮想通貨を取り扱う取引所です。日本からの登録の場合は、暗号資産交換業者として登録がある取引所「Kraken Japan」で口座を開設することになります。

本家Krakenは2011年に設立されており、業界では歴史があります。取引手数料が比較的安く、イーサリアムFXでレバレッジをかけた取引ができることが特徴です。

5. Kucoin(クーコイン)

Kucoin(クーコイン)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
725
取引高
(リサーチ時点、24時間)
1,966億1,460万2,953円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.1%/Taker 0.1%(過去の取引量などによって変動)
イーサリアム送金手数料 ・Ethereum(ERC20)0.005ETH(約1158.90円)
・Ethereum(KCC)(TRC20)0.0005ETH(約115.89円)
・Ethereum(BEP20)(ARBITRUM)(OPTIMISM)0.001ETH(約231.78円)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
最大レバレッジ 5倍
日本語対応 一部あり
主な特徴 ・合計725種類のアルトコインの取り扱い
・取引所トークン「KCS」を保有すると、取引手数料や「KCS Bonus」という配当がもらえる
・イーサリアムFXを取り扱っている
公式HP https://www.kucoin.com/ja
※2022年7月29日現在

Kucoinは合計725種類の仮想通貨を取り扱う取引所です。イーサリアムを含めた多くのアルトコインを購入することができます。

Kucoinは比較的取引手数料が安いので、取引コストを抑えることが可能です。さらに、取引所トークン「KCS」を持つことで手数料が割引されます。口座を開設した際には、ぜひKCSの購入を検討してみてください。

\海外への送金が無料/

DMM Bitcoinで
口座開設をする

6. Gate.io(ゲートアイオー)

Gate.io(ゲートアイオー)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
1,454
取引高
(リサーチ時点、24時間)
2,156億2,134万4,313円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.2%/Taker 0.2%(過去の取引量などによって変動)
イーサリアム送金手数料 0.011ETH(約2,541.09円)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
最大レバレッジ 10倍
日本語対応 一部あり
主な特徴 ・合計1,454種類もの銘柄を扱う海外取引所
・イーサリアムFXを取り扱っている
・コピートレード、自動売買など、トレーダー向けのサービスを展開
公式HP https://www.gate.io/ja/td
※2022年7月29日現在

Gate.ioは、合計1,454種類の仮想通貨を取り扱う取引所であり、アルトコイン投資に向いています。日本からでも登録はできますが、レバレッジ取引など一部の機能が制限される可能性があるので注意しましょう。

Gate.ioは、取り扱い銘柄が多いだけでなく、コピートレード、自動売買など、トレードで資金を増やしたい人向けのサービスも多く運営しています。

7. Gemini(ジェミナイ)

Gemini(ジェミナイ)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
102
取引高
(リサーチ時点、24時間)
249億6,889万8,938円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.2%/Taker 0.4%(過去の取引量によって変動)
(2022年6月30日時点)
イーサリアム送金手数料 ガス代による
(2022年6月29日時点)
イーサリアムのレバレッジ取引 なし
最大レバレッジ なし
日本語対応 なし
主な特徴 ・万全なセキュリティー対策
・取引手数料は高め
公式HP https://www.gemini.com/
※2022年7月29日現在

Geminiは、「コールドウォレット」「マルチシグ」「生体認証アクセス制御」など、数々のセキュリティーに特徴がある取引所です。ステーキングやNFTマーケットプレイスも利用することができます(2021年12月24日時点)が、日本語に対応しておらず取引手数料が高めなので、使いづらさを感じるかもしれません。

\海外への送金が無料/

BITPOINTで
口座開設をする

8. MEXC(エムイーエックスシー)

MEXC(エムイーエックスシー)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
1,485
取引高
(リサーチ時点、24時間)
2,597億9,671万5,893円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.2%/Taker 0.2%
イーサリアム送金手数料 0.002ETH(約527.58円)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
(2022年7月21日時点)
最大レバレッジ 125倍
(2022年7月21日時点)
日本語対応 あり(一部日本語対応なし)
主な特徴 ・仮想通貨合計1,485種類の取り扱い
・高レバレッジのイーサリアムFXの利用が可能
・日本語にも対応
公式HP https://www.mexc.com/ja-JP
※2022年7月29日現在

MEXCは合計1,485種類の銘柄を取り扱う取引所であり、アルトコイン投資に向いています。取引手数料は一般的なレベルで、高レバレッジのイーサリアムFX取引も利用可能です。

MEXCは2018年設立と比較的新しい取引所でありながら、2021年に開催された「Crypto Expo Dubai」では「Best Crypto Exchange in Asia」を受賞しました。日々取り扱い仮想通貨を増やしている、注目の取引所です。

9. BITTREX(ビットレックス)

BITTREX(ビットレックス)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
336
取引高
(リサーチ時点、24時間)
61億5,709万481円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.35%/Taker 0.35%(過去の取引量によって変動)
(2022年6月1日時点)
イーサリアム送金手数料 不明
イーサリアムのレバレッジ取引 なし
最大レバレッジ 3倍
日本語対応 なし
主な特徴 ・日本語対応はしていない
・ステーキングサービスを取り扱っている(2021年12月17日時点)
・取引手数料は高め
公式HP https://global.bittrex.com/
※2022年7月29日現在

BITTREXは、合計336種類の仮想通貨を取り扱う海外取引所です。取り扱い銘柄が多いことやステーキングで運用できることに特徴がありますが、日本語対応しておらず、取引基本手数料は「Maker 0.35%、Taker 0.35%」と高めです。

\海外取引所へ送金するなら/

Coincheckで
口座開設をする

10. Bybit(バイビット)

Bybit(バイビット)
取り扱い銘柄数
(リサーチ時点)
255
取引高
(リサーチ時点、24時間)
629億2,540万7,332円
イーサリアム取引基本手数料 Maker 0.1%/Taker 0.1%(過去の取引量などによって変動)
(2022年6月時点)
イーサリアム送金手数料 0.005ETH(約1,154.3円)
(2022年9月17日時点)
イーサリアムのレバレッジ取引 あり
(2022年4月時点)
最大レバレッジ 100倍
(2022年4月時点)
日本語対応 あり(一部日本語対応なし)
主な特徴 ・日本からも高レバレッジ取引が可能
・「Bybitステーキング」「デュアル資産投資」「DeFiマイニング」など運用方法多数
・仮想通貨合計255種類の取り扱い
公式HP https://www.bybit.com/
※2022年7月29日現在

Bybitは、日本からの登録でも100倍までの高レバレッジ取引ができる取引所です。取引手数料が安く、ステーキングやマイニングなど運用サービスも提供しているなど、ユーザーにとって多くの魅力があります。

また、Bybitではイーサリアムを購入できるだけでなく、イーサリアムFXでリスクを取ったトレードもできます。

海外取引所へのイーサリアム送金方法

ここでは、海外取引所バイナンスへのイーサリアム送金方法を紹介します。

国内から海外へのイーサリアム送金手順
  1. イーサリアム専用の受け取りアドレスを確認する
  2. 国内取引所の送金画面にアドレスをコピペして送金

イーサリアム専用の受け取りアドレスを確認する

まずは、バイナンスでイーサリアムの入金アドレスを確認しましょう。

トップページから「ウォレット」→「ウォレット概要」に進みます。

バイナンス 送金方法1
(画像=バイナンス)

次に「入金」ボタンを選択します。

バイナンス 送金方法4
(画像=バイナンス)

ポップアップが出てくるので「仮想通貨を入金」をクリックします。

バイナンス 送金方法1
(画像=バイナンス)

仮想通貨入金画面では、まずは「ETH」を選択します。「ネットワーク」では「BSC」「ETH」「ARBITRUM」「BNB」「OPTIMISM」が表示されますが、国内取引所からの送金をする際は、多くの場合「ETH」を選んでおけば問題ありません。

海外取引所 イーサリアム6.png
(画像=バイナンス)

ネットワーク選択後に入金用アドレスが表示されます。

国内取引所の送金画面にアドレスをコピペして送金

バイナンスの入金用アドレスが確認できたらコピーし、国内取引所の送金画面のアドレス欄に貼り付けてください。

入金アドレスに間違いがあると送金エラーとなり、送ったビットコインが消滅してしまうこともあるので、確実に貼り付けるようにしてください。

\海外取引所へ送金するなら/

Coincheckで
口座開設をする

海外取引所でビットコインからイーサリアムに換金する方法

次に、バイナンスでビットコインからイーサリアムを購入する方法を紹介します。

国内から海外へのイーサリアム送金手順
  1. 自分の持っているビットコインを表示する
  2. トレード画面でイーサリアムと交換をする

自分の持っているビットコインを表示する

まずは、トップページの「ウォレット」から「ウォレット概要」を選択してください。

バイナンス 送金方法1
(画像=バイナンス)

「フィアットと現物」の画面では、今持っている通貨一覧を確認することができます。

一覧の中の「BTC」に、自分の持っているビットコインの残高が表示されます。

海外取引所 イーサリアム3.png
(画像=バイナンス)

トレード画面でイーサリアムと交換をする

次に、メニューバーにある「マーケット」を選択しましょう。

海外取引所 イーサリアム5.png
(画像=バイナンス)

マーケットの画面では「ETH」を選択してください。

海外取引所 イーサリアム4.png
(画像=バイナンス)

イーサリアムを購入できるチャート画面に飛びます。最初は「ETH/BUSD」の通貨ペアになっているので、検索欄に「ETH」と入力して「ETH/BTC」の通貨ペアを探してください。

海外取引所 イーサリアム2.png
(画像=バイナンス)
海外取引所 イーサリアム1.png
(画像=バイナンス)

ETH/BTCの通貨ペアのチャートが表示されたら、購入欄で購入したい分を入力しましょう。現行価格より高い金額で注文すると「成行注文」安い金額で注文すると「指値注文」になります。

以上で、一連の流れが完了です。

\海外への送金が無料/

DMM Bitcoinで
口座開設をする

まとめ

この記事では、イーサリアムを購入することができる取引所を海外に絞って紹介しました。海外取引所はイーサリアムのレバレッジ取引に幅広く対応している点が、国内取引所との違う点であるといえるでしょう。また取扱銘柄も豊富であるため、さまざまな銘柄を取引できるというメリットもあります。

この機会に海外取引所でイーサリアムの取引を始めてみてはいかがでしょうか。

ファクトチェッカー
株式会社ヴェリタ
ファクトチェック担当者

ヴェリタは東京の校正・編集会社です。校正専業では唯一、派遣元事業者、有料職業紹介事業者の資格を取得しています。

無料会員に登録する

    関連記事

    今、読まれている記事