訪問リストとトークで準備!法人新規開拓
(画像=Kate/stock.adobe.com)

コロナ前の2019年と比べると今年6月時点の水準は約2倍。その後は高値から10%ほど下落し、4.5ドルを割り込んだが、依然として高い水準だ。


夏のドライブシーズンを迎える米国で、ガソリン価格が高騰している。6月半ばにWTI原油先物価格が一時120ドルを付ける過程で、全米平均レギュラーガソリン価格は1ガロン(約3.8リットル)あたり5ドル台に乗せた。新興国バブルに沸いた2008年7月の記録である4.1ドル強を大きく上回る水準である。コロナ前の2019年と比較しても2倍近い高さであり、まさに高騰と呼ぶにふさわしい。