TAX
(画像=KATSU/stock.adobe.com)

金融機関の担当者が直面しがちな、相続相談や手続きに関する諸問題…その上手な対処法を様々な法制などの根拠とともに解説します!

将来の相続税対策に向けて贈与税の特例について質問を受けた…

将来の相続税を減らしたいなら、生前贈与を進めていくことになりますが、贈与税率は相続税率よりも高く設定されています(図表1)。生前贈与を奨励してしまうと、相続税で課税されなくなってしまうからです。

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

ただし贈与税には、多額の贈与を行える特例があります。今回紹介する3つの特例は生前贈与加算の対象外で、相続税対策としても即効性があります。生前贈与加算とは、相続人が被相続人から死亡前3年以内に受けた贈与財産を相続税の課税対象とする規定です。

婚姻期間20年の配偶者からの居住用不動産贈与

婚姻期間が20年以上の夫婦間で「居住用不動産」または「居住用不動産を取得するための金銭」の贈与が行われた場合において、贈与の翌年3月15日までに贈与を受け取得した居住用不動産に居住しその後も引き続き住む見込みであるときは、贈与財産の価格から基礎控除110万円のほかに最高2000万円まで控除できます。ただしこの配偶者控除は同じ配偶者からの贈与については一生に1度しか適用を受けられません。

省エネ住宅なら1000万円まで贈与税が非課税に

直系尊属からの住宅取得資金贈与