チェックボックス,チェックリスト
(画像=tamayura39/stock.adobe.com)

口座開設依頼時の確認事項

ここでは、口座開設手続きの中で押さえておきたい確認事項についてよりくわしく見ていきます。

1. 取引時確認

マネー・ローンダリングやテロ資金供与につながる不正な取引を未然に防止するために、個人・法人のお客様には各種書類によって、取引時確認を行います。

法人の取引時確認

本人特定事項

  • 名称
  • 本店または主たる事務所の所在地

→登記事項証明書などで確認

取引を行う目的

→お客様からの申告

事業内容

→登記事項証明書・定款などで確認

実質的支配者

→お客様からの申告

資産・収入の状況

ハイリスク取引かつ200万円超の財産移転を伴う場合

→貸借対照表や損益計算書で確認

取引担当者の本人特定事項

→本人確認書類で確認

取引の任に当たっていること

→委任状や電話などで確認

個人(自然人)の取引時確認

本人特定事項

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日

→本人確認書類で確認

  • 運転免許証/運転経歴証明書
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障害者手帳など各種福祉手帳
  • パスポート など

取引を行う目的

→お客様からの申告(※(※)

職業

→お客様からの申告(※)

※外国人の場合には、在留カードの内容と照合のうえ、整合性がとれているか確認 する

資産・収入の状況

ハイリスク取引かつ200万円超の財産移転を伴う場合

→源泉徴収票や確定申告書等で確認

2. FATCAに基づく確認