事業性評価で使える雑談術
(画像=cacaroot/stock.adobe.com)

経営資源における「情報」の持つ意味や、話題の引き出し方を紹介する。

ブランド力やノウハウ・技術に加えて人脈などにも着目

近代セールス
(画像=近代セールス)

経営資源における「情報」とは、その企業にしかないブランド力や、ノウハウ・技術、人脈・ネットワークなど目に見えにくい無形資産の全般を指す。

テクノロジーの進歩により、ヒト・モノなど形のある資源だけでなく、無形資産である情報の価値が高まっており、重要視されるようになっている。

情報は使い方次第で大きな利益を生み出す可能性があり、どのように経営に関わっているのかに着目したい。

これらブランド力や、ノウハウ・技術、人脈・ネットワークは「知的資産」とも呼ばれる。近年、経済産業省等からも推奨されているのが、中小企業が知的資産を有効に活用する「知的資産経営」だ。

知的資産・知的財産・知的財産権などの言葉の使い分けは、図表を参考にするとよいだろう。図表では、無形資産は、貸借対照表上に計上される無形固定資産と同義ではなく、「企業が保有する形のない経営資源すべて」と捉えている。

近代セールス
(画像=近代セールス)

事業の積み重ねがブランド力になる