バンクビジネス
(画像=Blue Planet Studio/stock.adobe.com)

融資実務と、その法的性質や内規の意味合い・背景の関係を把握しておくと…稟議書やセールストークの説得力にも違いが出ます!

第19回のテーマ
「歩積両建預金(ぶづみりょうだてよきん)」って何?融資業務時の注意点は?

金融庁の監督指針において不適切な取引等として「正常な取引慣行に反する不適切な取引の発生の防止」の項目で「過当な歩積両建預金等の受入れ」の防止が求められています。

歩積預金とは、例えば割引手形取引で不渡の際の買戻しに見合うよう取引された条件的または拘束的な性質をもつ預金をいいます。

両建預金とは事実上、資金需要に基づかない融資金が原資とされる預金であり、条件的または拘束的な性質を有する預金取引をいいます。いずれも不適切な預金取引にあたり、前記の通り融資業務と密接に関係する取引とされています。