手順
(画像=PIXTA)

保証協会付融資の基本的な仕組みと、担当者が企業に案内を行う際の留意点を解説する。

1. 仕組みを理解しよう

信用保証協会(以下、保証協会)とは、中小企業者等が金融機関からの融資を受ける際に、金融機関に対して当該融資の保証をする、信用保証協会法に基づく法人である。

中小企業者等に対して信用保証をすることによって、金融の円滑化と中小企業者等の育成と健全な発展を図ることを目的としている。

中小企業者等が金融機関から融資を受けるにあたり、信用力が足りないとする。その際、中小企業者等は融資を受けやすくするため、一般的に金融機関を通して保証協会に保証の申込みをする。保証協会が保証を承諾し、中小企業者等から保証料を受けて、信用保証委託契約書を受け取ると、金融機関に対して信用保証書を発行し、金融機関はその信用保証書に基づき融資を実行する(図表)。

近代セールス
(画像=近代セールス)

「プロパー」との違い