資金使途別 運転資金の案件発掘&適正額を見極める確認の進め方【後編】
(画像=jirsak/stock.adobe.com)

2. 取引先にアドバイスして資金繰り表を作ろう

1. 資金繰り表作成をスムーズにする
資料&手順

決算書・試算表

前項で見たとおり、資金繰り表は、直近の実績2~3カ月分と、先行き半年~1年分で作成することが多い資料だ。

この資金繰り表を作成していくにあたっては、まず左側にある実績から数字を埋めていくのが無難である。実績はすでに結果が出ているので、ほぼ間違いのない数字を記載していくことができるからだ。

例えば、資金繰り表を作成する企業の決算月が10月だとすれば、2~3カ月後の12月や1月の時点では、月別の売上(9月は50万円、10月は120万円など)の具体的な数値がわかるはずだ。

ここで重要となるのが決算書や試算表だ。資金繰り表の実績欄に正確な数値を記載するには、これらが必須といえるだろう。また、その後に予想欄を記入していくにあたっても、実績値は参考になるはずだ。固定費など、支出が大きく変動する要素が少ない項目は、向こう半年間は同じ数値を並べて記入するとよい。

預金通帳

預金通帳も資金繰り表作成にあたり参考になる資料である。資金繰り表の実績値を記入していくにあたり、月初の預金残高と月末残高が合っているか、通帳で確認するとよいだろう(図表1)。

近代セールス
(画像=近代セールス)

作成手順と工夫