商談,接客,笑顔
(画像=PIXTA)

既存融資の借換え・一本化ではここをチェックしよう

マル保融資の借換え・一本化をする際にまず確認すべきは資金使途だ。基本的に運転資金と設備資金、異なる設備に対する設備資金は一本化できない。設備資金は導入した設備のための借入であり、他の資金と合算することは与信管理上好ましくないからだ。

次に責任共有制度の対象かどうかの確認だ。一般的には責任共有制度対象融資と対象外融資は一本化できない。制度によっては借換えできる可能性もあるが信用保証協会に確認し慎重に対応しよう。同様に、利用している融資制度によっても一本化の可否がある場合が多い。例えば都道府県制度融資と市区町村制度融資は一本化できない場合も多いので注意が必要だ。

安易な引延しは格付のランクダウンへ