ニュースの深層
(画像=PavelLosevsky/stock.adobe.com)

特定の商品についてではなく、顧客に対する地銀のあり方に切り込んだ。

金融庁は8月31日、2022事務年度(22年7月〜23年6月)の金融行政方針を示した。この中で金融庁は、地方銀行のリテールビジネスについて「真の顧客ニーズに基づく販売が行われているか懸念がある」と言及。金融商品の利用者から、安定的な資産形成を目指す顧客にはふさわしくない金融商品を金融機関が販売しているといった相談があることを踏まえ、モニタリングを実施していくと述べた。

背景には、地方銀行の持続可能性への危機感がある。その根拠として、金融庁は2つの調査結果を示した。

①収益管理