資金繰り,売上管理,分析
(画像=camera papa/stock.adobe.com)

Q B/Sの運転資金構造分析から、強み・弱みの発掘や経営改善にどうつなげればよいですか。

A 運転資金構造が業界平均値とどう違うか見ることで、強みや弱みがわかり、改善につながります。

前回に続きB/Sの分析手法4つ目「運転資金構造」を解説する。

前回、「所要運転資金は『売上債権+棚卸資産−買入債務』で計算でき、ビジネスモデル(事業構造)によって大きさが変化する」と解説した。例えば、取引相手が法人の場合、掛取引が一般的で売上債権が大きくなりやすい。このとき、もう一歩踏み込んだ分析により経営改善にも活用できる。

運転資金構造を把握しビジネスモデルと比較

まずは運転資金構造から、企業の強みや弱みを知ることから始める。