顧客,提案,案内,フォロー
(画像=naka/stock.adobe.com)

かつてドル建ての生命保険を購入していたお客様が、円安相場で円ベースの資産が増え、解約で利益を確定するケースが増えている。それでは満足せず、他の商品での運用を希望するお客様も少なくない。
この機会を活かして適切なフォローを行えば、長期的な取引につながる可能性もある。本特別企画では、担当者が押さえておきたいフォローのポイントを紹介する。

昨今の円安の影響を受けて、外貨建て保険を解約するお客様が増えている。ここでは利益が出たお客様に対して、どんなことに注意しながらフォローを行えばよいかポイントを3つ紹介する。

ポイント① ニーズに変化はないかきちんと確認しよう

保険の性質上、外貨建て保険への当初の加入目的は、運用して利益を上げるだけではなく、保障や相続対策を意識していたお客様も多いはずだ。解約後は、こうした当初の加入目的=ニーズに変化がないかを確認する必要がある。