期待のNISA 背徳の仕組債
(画像=hogehoge511/stock.adobe.com)

現行NISA制度の主な特徴と課題、そして今後改正が見込まれる恒久化や一本化など、現時点で想定される主な改正ポイントを解説する。

2014年に始まったNISA制度。当初は一般NISAのみで非課税枠は年間100万円だった。その後、非課税枠は120万円に拡大、積立投資用のつみたてNISAや子ども向けのジュニアNISAも加わった。特につみたてNISAは、若い世代に積極的な資産形成を促す役割を担っている。

複雑で分かりにくい現行制度の課題