期待のNISA 背徳の仕組債
(画像=umaruchan4678/stock.adobe.com)

恒久化・一本化が予想されるNISA制度について、お客様に現段階で説明すべきポイントや、いまどんなお客様にNISAを案内していけばよいか解説する。

Part 1
説明すべきポイントと提案対象を理解する

NISA制度は2024年以降、非課税対象および非課税投資枠が見直され、2階建ての新しいNISAに変わることが公表されていた。しかし、今後はこれが見直され、恒久化、そしてさらなる非課税枠拡大の動きがある。具体的にどう変わるのか最新の情報をチェックし、お客様にきちんと説明できるようにしておきたい。

NISAで安定的な資産形成を促進