期待のNISA 背徳の仕組債
(画像=maroke/stock.adobe.com)
3 NISA口座はあるものの不稼働のお客様
老後の資産形成に有効など具体的な活用方法を案内する

過去に手続きしたNISA口座はあるのに、投資額がゼロというお客様には、「せっかく作ったNISA口座です。有効な活用方法を検討しませんか」と提案しよう。

例えば、老後の資産形成や教育資金の準備にNISA口座が有効であることを紹介すれば、お客様にも活用方法をイメージしてもらいやすい。購入したい投資信託がなく放置しているお客様も多い。その場合はお客様のニーズから確認するとよいだろう。リスクは回避したいと思っているのに、興味がある投資信託が思っている以上にハイリスクなら、似た投資信託でリスクが小さい投資信託を案内したり、リスクの分散方法を説明したりするとよい。

自行庫の取扱商品でどうしてもニーズが満たせない場合には、1年ごとにNISA口座は移管できることを案内しよう。自行庫との取引が減ってしまう可能性はあるが、顧客本位に立った案内は、お客様に良い印象を残すだろう。

真摯な応対を続ければ取引が戻る可能性も