近代セールス
(画像=everythingpossible/stock.adobe.com)

ホームページ支援で見えた中小企業の価値を発信する大切さ

当社は、中小企業の経営を支援するビジネスプラットフォームBigAdvance(ビッグアドバンス)を開発・運営しており、全国の金融機関を通じて提供している。様々な機能を提供し続けていくうちに蓄積したデータは、それ自体が貴重な財産であり、金融機関はこのデータを中小企業の本業支援に活用することも可能だ。

興味深い傾向が見られるのが「ホームページ作成」機能に関わる情報だ。

これまでにBig Advanceを通じてホームページを作成した企業は、延べ1万4000社に上る。そのうちホームページを作成したのが初めてだった割合は、約40%を占めたのだ。提供先は従業員30名以下の中小企業が大半なので、この割合は中小企業の傾向にかなり符合するのではないだろうか。

いまでこそ珍しくない企業のホームページだが、作成するにはそれなりのハードルがある。何を掲載してどれくらいの頻度で更新するのか、デザインはどうするか、検索エンジン対策(SEO)はどうするのか…。手間も時間も費用もかかるから、着手できない中小企業も多いのだろう。しかしだからこそ、金融機関が支援することに意味がある。

知ることがなければ取引もなかった関係