近代セールス
(画像=tadamichi/stock.adobe.com)

事業者が必要としている改善提案は、単なるコスト削減ではない。金融機関が売上アップに貢献できる本業支援として、ビジネスマッチングと補助金申請のサポートにフォーカスして提案法を解説する。

取引先特有の事情を理解したうえで本業支援で経営改善を後押ししよう

コロナ禍で疲弊した多くの中小企業は、多額の債務を抱えている。B/SだけではなくP/Lの改善、つまりは経営を改善する必要に迫られている状況だ。金融行政方針でも事業者支援が注力すべきテーマになっており、金融機関の営業店でもすでに本業支援に力を注いでいる。

将来の経営に不安を抱えている中小企業は、不動産の売却や人件費の削減といった短期的なコスト削減策より売上を上げる方法を求めている。金融機関が売上拡大に貢献できる本業支援メニューといえば、事業再構築補助金をはじめとする補助金申請のサポートや、新たな販売先や提携先などを紹介するビジネスマッチングが代表例であろう。

異業種転換は必ずしも効果が出ていない