確定拠出年金,受け取り方
(画像=insidecreativehouse/stock.adobe.com)

複雑化する公的年金をできるだけわかりやすく「伝える」ための必須知識を、そのための工夫・実際に使えるトーク例などと合わせて解説します。

担当者の悩み
年金の受給額が少なくて悩んでいるお客様に繰下げ受給のアドバイスをするには?

公的年金の受給額が少ないと悩んでいるお客様は、少しでも増やす方法がないかと考えているはずです。そこで情報提供したいのが、繰下げ受給についてです。繰下げ受給とは、国民年金や厚生年金に加入していて条件を満たす人が、原則65歳から受け取る年金の受給開始を1ヵ月単位で遅らせることができる制度です。

従来この繰下げ受給の上限年齢は70歳でしたが、2022年4月1日以降は75歳に引き上げられました。長寿化が進んだ現在、高年齢層の就労期間も延びる傾向にあり、これまでよりも長い期間給与収入を得る人々が増えると考えられます。

このように考えれば、お客様に、年金受給額を増やすこの方法についてしっかり伝えられるよう知識を入れておくことには大きな意義があるでしょう。

繰下げ受給を行うと、65歳から受け取る年金額と比べて1ヵ月繰り下げるごとに0.7%増額されます。つまり元気なうちはできるかぎり働き繰下げ受給をすれば、生涯増額された年金を受け取ることができるのです。例えば5年繰下げると、増額幅は42%、10年間繰り下げるとなんと84%もの増額になります。