時間,ビジネス
(画像=Quality Stock Arts/stock.adobe.com)

今回は、上司や先輩とのコミュニケーションの取り方で、時短を図る工夫を紹介します。皆さんは、仕事で何かわからないことがあったとき、どのようにしていますか。規定やマニュアル、過去のデータ等から調べるか、それでもわからなければ、上司や先輩に尋ねるというのが一般的ではないでしょうか。それでは、その方法やタイミングはどのように工夫していますか?

「これはどう処理したらいいでしょうか」と尋ねて、その場ですぐに答えてくれる上司もいるかもしれませんが、「まずは自分で調べた?」と、言われる場合もありそうです。

そんなときは、「ここまでは理解しているのですが、ここがわかりません。このように考えたのですが、間違っていませんか」と、自分の考えを添えて質問します。