バンクビジネス
(画像=A Stockphoto/stock.adobe.com)

ここでは、継続的顧客管理に関する基礎的な知識についてQ&Aで解説します。

Q1 継続的顧客管理とは何?なぜ求められるの?

新規顧客については、法人・個人を問わず、皆さんも常に受け入れ後の動向に注意を払っているのではないでしょうか。マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策では、まさにこの点を厳格に実施することを要請しているのです。 

例えば、初めて口座を開設した個人顧客がいるとします。当該顧客については、もちろん、取引開始時に本人確認(法的には「当人確認」といいます)を行い、内部承認を得ているはずです。 

この際、住所・氏名・年齢・電話番号・勤務先などの基本的な情報に加え、反社会的勢力への該当の有無といったものも併せて確認していることでしょう。このように、取引開始時の当初においては、顧客の健全性が十分に確認されているのです。 

ただし、当該顧客については、取引開始後に犯罪行為などで警察庁データベースに記載されるといった事案が生じる可能性も否めません。このようなケースを想定し、定期的に当該顧客の健全性などをチェックしようというのが本件の趣旨です。 

本人の口座利用確認が重要