バンクビジネス
(画像=chaylek/stock.adobe.com)

1 法人の顧客情報に変化がないか定期的に確認しよう

マネロン・テロ資金供与対策(以下、マネロン等対策)では、リスクを適切に特定・評価し、リスクに応じた対応策(リスク低減措置)を講じること=リスクベース・アプローチ)が求められます。

その際に留意すべきことは、環境や顧客の属性が変化すると、それに応じてリスクも変化するということです。したがって、顧客の状況を定期的に見直さないと、リスクを適切に特定・評価することができず、その結果、取るべき対応を誤る可能性があり得ます。

つまりマネロン等対策では、リスクが変化することを前提として、継続的に顧客情報を収集しリスクを見直すことが必要であるわけです。これが「継続的顧客管理」を行う主な目的といえます。

定期的に収集・確認すべき顧客情報とはどんなものか