バンクビジネス
(画像=Rido/stock.adobe.com)

◾︎◾︎◾︎ 本人特定事項登録情報に関する変化 ◾︎◾︎◾︎

ケース❻ 取引開始時から資本金や出資者に変更があったようだ

企業の株主構成が変更になる場合には、①同族会社の中で事業承継が行われる場合、②事業を第三者に譲渡する、あるいは合併等を行うことにより、株主が変更になる場合、③第三者が追加出資することで、株主構成が変わる場合などが想定されます。

①のように、株主の異動が家族・親族間に留まる場合は、リスクに大きな変動はないと考えられますが、②や③のように、今まで経営に関与していなかった第三者が株主名簿に掲載されるようになった場合には留意が必要です。

実質的支配者変更の可能性

なぜなら、合併などによって株主が変わり、株主(特に実質的支配者)の中に反社会的勢力に該当する人物が含まれる、あるいは、出資比率が変わることにより、実質的支配者が変更になり同様のことが起きる可能性があるからです。

株主構成や出資割合の変更を察知するには、継続的顧客管理の確認項目に株主名簿や税務申告の別表等を含めておき、定期的に入手して、その要因を確実に把握することが重要です。

こんなトークでヒアリング

「株主名簿に今まで見かけない方がいますが、どのような関係の方ですか」
「税務申告書によると出資比率が変わっているようですが要因は何ですか」

ケース❼ 口座開設した時点ではNPO法人だったが未だ活動内容を把握できていない