基礎&実践で身に付く!中小企業の決算書分析入門
(画像=Sutthiphong/stock.adobe.com)

損益計算書において担当者が着目すべき勘定科目について、特に注意すべき傾向を踏まえて確認していく。

売上高

売上高は企業の営業活動の成果であり、商品・製品の販売額やサービス等の提供額等が該当する。利益と違って売上は把握しやすく、目に見えて理解しやすいことから、ほぼすべての経営者が目標とする数字だ。当然だが、売上が立たなければ利益は出ないし、売上が増えなければ企業は儲からない。

数量と単価に分解し要因を深掘りしよう