近代セールス
(画像=metamorworks/stock.adobe.com)

三重県鈴鹿市は、カーレースの聖地であり、製造業の街だ。ホンダや旭化成といった上場企業の工場があり、それらと取引する中小製造業が軒を連ねる。運送業や人材派遣業も豊富だ。

そんな鈴鹿市を営業エリアとする百五銀行平田町駅前支店で2022年4月より活動しているのが、森晋一郎さんである。融資開拓や本業支援のほか、支店内の渉外担当者をまとめる役目も担う森さんの日々の活動を紹介しよう。

森晋一郎 さん
森晋一郎(もり・しんいちろう)さん
2006年入行。名古屋支店、本店営業部などを経て現職。大切にしている言葉は「ルーキー・スマート」

商品や店内を見て課題を想定する