大相続時代に備える!家族を巻き込む預かり資金アプローチ
(画像=sewcream/stock.adobe.com)

Q お客様のお子様とも関係を構築したいと考えています。お客様が高齢なこともあり、相続を念頭にアプローチしたいのですが、この場合のお子様へのアプローチのポイントはありますか?

A 昨今は金融のデジタル化に伴い、お客様が金融機関を訪れる機会は減少している。そうした環境下で相続関連の手続きはお客様の子どもにアプローチする最大のチャンスといえる。

相続は発生前と発生後でそれぞれにアプローチのポイントがある。まずは、相続発生前のポイントをみていこう。

相続発生前、お客様には①遺産分割、②納税資金の準備、③相続税の軽減という3つの対策にバランスよく取り組んでもらうことが重要である。子どもへのアプローチを念頭に、①~③について詳しく確認しよう。

①遺産分割