業界の常識は世間の非常識!?銀行員・経営者のホンネ
(画像=taa22/stock.adobe.com)

タテワリ組織と希薄な人間関係で話が前に進まない(関東地方・サービス業)

近代セールス
(画像=近代セールス)

先日、いつも取引している銀行のホームページを見たら、ビジネスマッチングサービスがあるとのことだった。当社でも顧客の新規開拓をしたくて、早速いつもの支店に電話すると、本部の部署が担当だという。私のことはその支店がよく理解しているはずなのに…。

後日、その担当部署から電話が来たが、改めて3期分の決算書が必要だという。支店には提出しているのに部署間の情報連携はないんだ…。

気を取り直し、決算書を印刷して出向いた。ところが銀行本部の受付電話で内線番号がありすぎて、事前の案内もなく、困ってしまった。とりあえずかけた番号の相手は「担当者は誰ですか?」の一点張りで話が進まない。やむなく直接知っている担当者の携帯にかけ、出迎えてもらった。

たった15分で何が理解できる!?