金利,金融,金,利率
(画像=BillionPhotos.com/stock.adobe.com)

コロナ禍・半導体不足に端を発し、ロシアのウクライナ侵攻や原油高により世の中が急にインフレ傾向になりました。今後の金利、特に資産運用には長く続いたデフレ時代には忘れられていた「実質金利」の概念が必要になりそうです。

名目金利とは、表面上の金利です。一般的に私たちが「金利」という場合、この名目金利を指します。足許の10年物の日本国債であれば0.25%でしょうか。

実質金利は基本的に「名目金利-期待インフレ率」です。期待インフレ率とは、将来にわたるインフレの予測値ですが、足許のインフレ率がベースですから、便宜的にこれに置き換えても良いでしょう。8月のインフレ率は、およそ3%に上昇しています。この値を使うと10年物日本国債の実質金利は(0.25-3.0)=▲2.75%です。なんとマイナスになってしまっています。

インフレ率が上がると…