保険,投資,金融,提案,アドバイス
(画像=mapo/stock.adobe.com)

最新の窓販ルールや、顧客本位の業務運営に照らした「理想的な保険募集に必要な知識やノウハウ」を習得しましょう!

それって大丈夫!?
生命保険の見直しの相談を受けた際、安易に対応してしまった…

今回は、「お客様から保険の見直しについて相談された…」という行職員の皆さんに向けて、なぜ生命保険の見直しが必要なのか、さらには保険の見直しを相談された際に注意すべき点は何かを確認していきましょう。

生命保険は、一度加入したら終わりというものではありません。お客様が生命保険に加入してから時が経過すると、保障内容がお客様に適さなくなっている可能性があります。そのため、生命保険は定期的な見直しが必要なのです。

見直しを行わなかった場合、万が一の際に、生命保険としての役割を十分に果たすことができません。では、生命保険の見直しの相談をされた際には、どのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。

お客様から生命保険の見直しを相談された際に避けるべきことは、安易に生命保険を提案することです。例えば、お客様の状況や環境を確認せずに生命保険を提案することや、生命保険だけでお客様の課題を解決しようとすることなどが挙げられます。では、適切な方法と注意するべき点を確認していきましょう。

弊害防止措置に基づいた募集ルールを必ず確認

①募集ルールを遵守