近代セールス
(画像=zwiebackesser/stock.adobe.com)

▼本稿では「AML」とはアンチ・マネー・ローンダリング、「CFT」とはテロ資金供与対策のことを指す

銀行員の質問
外国人のお客様と取引する際には、厳重な確認・審査が求められていますが、それはなぜでしょうか。また実際に外国人のお客様と取引を行ううえで、特にどんな点に気をつければよいですか。

A 金融機関においては、「国内に住所を持たない非居住者との取引」「外国PEPs(外国の公的地位にある者)との取引」「海外送金取引」など、外国人との取引が発生することも多い。いずれもAМL/CFT(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策)ではリスクの高い取引だと認識する必要がある。

特有の書類提示で確認が困難なことも