武田薬品工業 <4502> が糖尿病治療薬の『アクトス』に発ガン性リスクがあることを知りながら隠していたとして約90億ドル(約9630億円)の懲罰的損害賠償金の支払いを言い渡された問題で、米ルイジアナ州の連邦地方裁判所は27日、同賠償金を合計3680万ドル(約40億円)に減額する決定を下した。

武田薬品と、販売の面で提携する米イーライ・リリーには総額90億ドルの賠償が命じられていたが、同裁判所のレベッカ・ドハーティ判事はこの判決が「行き過ぎ」であったと認め、減額を支持。武田薬品に2760万ドル、イラーイ・リリーに920万ドルの支払いを命じている。

【関連記事】
おいしい話には裏がある?陥りやすい家賃保証の罠
世界での覇権を狙うLINE 切り札は『MANGA』
海外旅行者必見…誰よりも「賢く外貨を両替」する方法とは?
証券会社を情報量で分析 初心者でも分かりやすのはどこ?

株式投資を始めるまでに知っておくべき7つのポイントとは?