近代セールス
(画像=tamayura39/stock.adobe.com)

金融機関の法人営業においては、取引先を支援する様々なメニューの1つとして補助金の申請サポートを提案することが多い。マンガのように、数多くの補助金を理解するのは手間がかかるうえ、自身の実績にもつながりづらいと悩む担当者は少なくないだろうが、補助金提案のメリットは取引先と金融機関の双方にあることを認識してほしい。

まず、取引先のメリットは想像しやすいだろう。

取引先は、時流に合わせて変化することで業績を上げようとするものだ。コロナ禍や円安、原材料高といった大きな外部環境の変化があれば、対策として創出された補助金を検討する取引先は多い。補助金は借入れなどと比べると経営に負担がかからず、投資リスクを抑えながら新規事業や設備投資に着手できる。

補助金以外に本業支援の糸口となる