決算書,キャッシュ・フロー,CF
(画像=Piotr/stock.adobe.com)
バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

今回は、キャッシュ・フロー計算書について説明します。キャッシュ・フロー計算書(以下CF計算書)とは、「現金及び現金同等物(以下「キャッシュ」)」の増減を表したもので、貸借対照表、損益計算書と並ぶ財務三表の1つです。

金融商品取引法により、上場会社等ではCF計算書の作成が義務付けられていますが、中小企業には作成義務はありません。

ただし、中小企業であっても顧問税理士が税金の確定申告に必要な資料とともにCF計算書を作成して、決算書類とともに保管している場合や、皆さんが所属する金融機関で、決算書類をもとにCF計算書が作成されている場合もあるかと思います。

CF計算書からは、貸借対照表や損益計算書を見ただけではわからないキャッシュの動きを把握することができるため、見方を覚えると企業の資金状況の理解に大変役立ちます。

なお現金及び現金同等物のうち、現金や当座預金・普通預金等のすぐに引き出せる預金のことを「現金」、3ヵ月以内の定期預金等、比較的容易に換金でき、価値の変動リスクが小さい短期投資のことを「現金同等物」といいます。ざっくりと「使おうと思えばいつでも使えるお金」と考えてください。

CF計算書からキャッシュの増減を知ることができる