日本銀行は31日の金融政策決定会合で、当面の金融政策の追加緩和を発表。1年間に買い入れる資産を現在の約60兆~70兆円から約80兆円に増やす。これを受け、東京株式市場は、日経平均株価が大幅に上昇、14時10分現在の日経平均株価は16421.22円(前日比+763.02円)で推移。9月25日につけた年初来高値(1万6374円14銭終値)を上回っている。

(ZUU online)

【関連記事】
再入札のミャンマー新空港建設、日揮などに優先交渉権…決定していた韓国企業と決裂
日銀の追加金融緩和は10月?併せて考えておきたい出口戦略
日銀追加緩和でチャンス到来!?円安が進む前に外貨投資を始めてみよう
日本は世界一の取引環境...大激戦の3大FX会社をあらゆる角度から分析
日銀追加緩和発表...この際円安円高について改めて理解しておこう